2012年10月24日

「弦楽のためのアダージョ」 Samuel Barber

「Adagio for Strings Op.11~弦楽のためのアダージョ」 Samuel Barber

映画「Platoon」のMain Theme.

絶望・・・。
そんな印象を受けるこの曲。
なんとも切ない。

演奏は以下のyoutubeから
1957年 ユージン・オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団より
http://www.youtube.com/watch?v=Rwjsuc_ynXc&feature=related
特に私お薦めの「ここいいでしょー」は、
ただ黙って目を瞑って聴いてほしい。なぜか目頭があつくなる。


■1938年11月5日 アルトゥーロ・トスカニーニ指揮・NBC交響楽団による初演
http://www.youtube.com/watch?v=vC8f1VknVqk&feature=related


同じカテゴリー(Classic/管弦楽/声楽)の記事画像
「I Dreamed A Dream ~夢やぶれて」Susan Boyle
「Nessun Dorma ~誰も寝てはならぬ」
「Oblivion」 Astor Piazzolla
「Song for Ina」 Riki McDonnel
「渚のアデリーヌ」 Richard Clayderman
「別れのワルツ」 Chopin
同じカテゴリー(Classic/管弦楽/声楽)の記事
 「I Dreamed A Dream ~夢やぶれて」Susan Boyle (2012-10-30 05:52)
 「Nessun Dorma ~誰も寝てはならぬ」 (2012-10-29 05:53)
 「Oblivion」 Astor Piazzolla (2012-10-03 05:40)
 「Song for Ina」 Riki McDonnel (2012-09-12 05:40)
 「渚のアデリーヌ」 Richard Clayderman (2012-08-26 05:58)
 「別れのワルツ」 Chopin (2012-08-24 05:03)

Posted by 音楽好きの自由人 at 05:47│Comments(1)Classic/管弦楽/声楽
この記事へのコメント
この曲を聴くと一気に悲しくなります。
絶望と神聖な印象を受けました。
音楽の効果は大きいですね。
映画音楽に使われるのも納得です。
Posted by yuko at 2016年03月19日 01:15
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。