PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  

Posted by つくばちゃんねるブログ at

2012年10月23日

「Solitude」 Thelonious Monk

とても独特な弾き語りで、中にはどうしても という方も多いかと思いますが、
一度この不協和音にはまってしまうと、これがJazzだと納得してしまう。
Thelonious Monkの代表作はたくさんあるけれども、聴きやすい曲で
だけどThelonious Monk節がしっかりと入っているDuke Ellington作曲の
この曲を紹介します。

今宵はJazzyに!!

演奏は以下のyoutubeから
http://www.youtube.com/watch?v=raLOXN0-jx8
特に私お薦めの「ここいいでしょー」は、
1:33~1:34や1:48~1:55、3:14~フィナーレ等は
まさにThelonious Monk節。
(普通、聴いているとなんとなく次はこの音という感じで
わかるものだが、Thelonious Monkは思ってもいない音で
曲を引き立たせ、みんなを魅了する)
  

Posted by 音楽好きの自由人 at 06:05Comments(0)Jazz

2012年10月05日

「All The Way」 Billie Holiday

「レディ・デイ」の呼称で知られるBillie Holiday
サラ・ヴォーンやエラ・フィッツジェラルドと並んで、
女性ジャズ・ヴォーカリスト御三家の1人で、
情感豊かな唄声は、彼女の波乱万丈の人生そのもの。
特に私のお気に入り、「All The Way」をお聴き下さい。

演奏は以下のyoutubeから
http://www.youtube.com/watch?v=mcQYBFdgssM&feature=related
特に私お薦めの「ここいいでしょー」は、
これぞJazz!! 彼女の唄声をご堪能ください。


【おまけ】
彼女を死を悼んで彼女の伴奏者であったMal Waldronの作った
「Left Alone」もあわせてお聴き下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=E7lIffL3xaQ
[Jackie McLean (as) Mal Waldron (pf)]  

Posted by 音楽好きの自由人 at 05:45Comments(0)Jazz

2012年10月02日

「Little girl blue」 Nina Simone

独特な声。この声を一度聴いたら忘れられないでしょう。
今宵はjazzyに・・・

演奏は以下のyoutubeから
http://www.youtube.com/watch?v=wT_Z-D31vbU
特に私お薦めの「ここいいでしょー」は、
32s~58sのピアノ前奏から歌い出しの部分が思わず「ドキッ」とする。
彼女の歌声をご堪能ください。とても印象に残る1曲です。
  

Posted by 音楽好きの自由人 at 05:41Comments(0)Jazz

2012年09月07日

「The Wedding Song」 Kenny G

「プログラム 第二章 披露の宴 ~花束贈呈」
第16曲目はKenny GのThe Wedding Songです。

演奏は以下のyoutubeから
http://www.youtube.com/watch?v=yasHMkfU2jA
特に私お薦めの「ここいいでしょー」は、
Kenny GのSoprano Saxophoneの音はやさしい。

ありがとうの言葉にふさわしい素敵な曲です。
いろいろな感謝(思い)を込めて「ありがとう」


■引き続き「プログラム 第二章 披露の宴 ~花束贈呈」
第17曲目はStevie Wonderの「Alfie」です。
演奏は以下のyoutubeから
http://www.youtube.com/watch?v=B7cd-L6fUiA
以前にも紹介したが、このStevie Wonderの何とも言えない
ハーモニカが涙をそそる。そして式もクライマックス。  

Posted by 音楽好きの自由人 at 05:10Comments(0)Jazz

2012年08月25日

「I Should Care」

Jazzのよさですね。気軽に聴ける。
どんなシチュエーションでもこんな素敵な曲がバックで流れていたら
とてもいい雰囲気になりますよね。

演奏は以下のyoutubeから
Duke Jordan(Piano)
http://www.youtube.com/watch?v=LOY6V4Uuhag
(Duke JordanはJazzピアニストの王道ですね)
Bud Powell(Piano)
http://www.youtube.com/watch?v=0D9dNBaU4XY
(私はBud Powellの流れる中の小刻みなポロポロ音が大好きです)
Dexter Gordon(Tenor Saxophone)
http://www.youtube.com/watch?v=eey5hbP4hj8
(Dexter Gordonのこの極太いTenor Saxophoneの音がいいです)
それぞれにいい味があります。
  

Posted by 音楽好きの自由人 at 05:26Comments(0)Jazz

2012年08月16日

「クリフォードの想い出」 Lee Morgan

「I Remember Clifford ~クリフォードの想い出」 Lee Morgan

知らない人はいない。
Clifford Brownが交通事故により25歳の若さで突然亡くなった
死を悼んで、親友であるテナーサックス奏者:Bennie Golsonによる
追悼曲「I Remember Clifford」。
一人でひっそり聴くと泣き節が心痛む。

演奏は以下のyoutubeから
http://www.youtube.com/watch?v=d5dy2HbzeCc
特に私お薦めの「ここいいでしょー」は、
きんきんしない、音を出しすぎない、やさしい音色。
これが上手なトランペッターなんでしょうね。


そのClifford BrownはLee Morganよりも
更にやさしい音色で「Stardust」を吹いていた
http://www.youtube.com/watch?v=EVrjOirkygU  

Posted by 音楽好きの自由人 at 06:10Comments(0)Jazz

2012年06月24日

「いつか王子様が」

娘にその時が来たら、ピアノで弾いてもらいたい曲がある。
「Someday My Prince Will Come ~いつか王子様が」

たぶんその時にはこの曲を世界中の誰よりも
上手に弾けることでしょう。
なぜって?
それはあなたが愛する王子様にめぐり逢えたから・・・。

演奏は以下のyoutubeから
Bill Evansバージョンで
http://www.youtube.com/watch?v=zYpKNM1Yi5o
特に私お薦めの「ここいいでしょー」は、
~35s間。

ディズニー「白雪姫」より
http://www.youtube.com/watch?v=zm9zFJsEDHk&feature=related

「Someday My Prince Will Come」

Some day my prince will come
Some day we'll meet again
And away to his castle we'll go
To be happy forever I know

Some day when spring is here
We'll find our love anew
And the birds will sing
And wedding bells will ring
Some day when my dreams come true

【歌詞の翻訳】
いつか王子様がやってくる
いつか私たちはめぐりあうの
彼のお城に行って
いつまでも幸せに暮らすのよ

いつか春が訪れて
私たちの愛が芽生えるの
そして小鳥達がさえずり
ウェディング・ベルが鳴り響く
いつかきっと
夢が叶う時がくるわ
  

Posted by 音楽好きの自由人 at 05:16Comments(0)Jazz

2012年06月14日

「When You're Smiling ~君微笑めば」 Louis Armstrong

しばらく前になんかなごむiphone4 CMが流れていましたね。
バックにはLouis ArmstrongのWhen You're Smiling

Louis Armstrongは顔がとても印象的で、
トランペットは天下一品で文句のつけ所がありませんが、この声!!
最初はなんだ?と思ったんですが、
一度はまるとこの声が本当にいい味だしているんですよね~。
曲もさることながらLouis Armstrongのやさしさが伝わってきます。

演奏は以下のyoutubeから
http://www.youtube.com/watch?v=cYaQKKre0PA
特に私お薦めの「ここいいでしょー」は、
前奏~0:45sまでの45s間。

iphone CM バースデーバージョンより
http://www.youtube.com/watch?v=OWmUkuYFj_M
iphone CM ウェディングドレスバージョンより
http://www.youtube.com/watch?v=e9hOm8a-j-g

(友達同士のメールのやりとりだけでなく)
こんな目的のために携帯電話(iphone/smartphone)が
使われるといいですね。
できれば実際に会って話ができた方が
もっともっと幸せだと思います。

【歌詞の翻訳】
「When You're Smiling ~君微笑めば」 Louis Armstrong

君が微笑むと、世界中もつられて微笑むよ
君が大笑いすると、太陽まで輝き出すのさ

もし君が涙すると、雨を呼び寄せてしまう
だから溜め息をつかないで、楽しく行こう

微笑むことを忘れずにいてほしい、だって
君が微笑むと、世界中も笑顔になれるから
  

Posted by 音楽好きの自由人 at 05:24Comments(0)Jazz

2012年06月03日

「Alfie」

すばらしい・・・
言葉はいらない。
聴いてください。
いずれもこの曲のよさがでています。

演奏は以下のyoutubeから
Bill Evans Trio
http://www.youtube.com/watch?v=qH_OQ6up5bY
作曲者 Burt Bacharach
http://www.youtube.com/watch?v=rKt4IWKy1mU
Stevie Wonder
http://www.youtube.com/watch?v=gZyB8PPDDAA
Vanessa Williams
http://www.youtube.com/watch?v=jiixU9K5eOI&feature=fvst
特に私お薦めの「ここいいでしょー」は、
全部全編聴いてほしい。そして同じ感動を味わってほしい。

【歌詞の翻訳】
「Alfie」
是非、作曲者のBurt Bacharachバージョンをご覧ください。
この曲の全てがわかります。きっと必ず。
  

Posted by 音楽好きの自由人 at 04:02Comments(0)Jazz

2012年05月30日

「Nothing's Gonna Change My Love For You ~変わらぬ想い」

Youtubeで400万回も再生され、一躍有名になった
サックス奏者:小林香織のNothing's Gonna Change My Love For Youは
とてもすばらしい。
特に5:13~6:18までの1分間は何度聴いても鳥肌が立つ。一聴の価値有り。
George BensonやGlenn Medirosのバージョンも甲乙付け難い。
二人ともしっとり聴ける心やさしいバラード曲だ。

演奏は以下のyoutubeから
小林香織
http://www.youtube.com/watch?v=q-fxs_ZWXH4
Glenn Mediros
http://www.youtube.com/watch?v=hKo1e0cnWGA
George Benson
http://www.youtube.com/watch?v=Tr97MQiqW38

特に私お薦めの「ここいいでしょー」は、
小林香織の演奏より、
5:13~6:18までの1分間。

【歌詞の翻訳】
「Nothing's Gonna Change My Love For You ~変わらぬ想い」

僕の人生にもし君が側にいなければ
毎日は空っぽになるだろうし
夜がすごく長く感じるだろう
でも君がいれば永遠まではっきりと見通せるんだ
今まで恋に落ちたこともあるけど
こんな想いは初めてなんだよ

僕たちの夢はまだ若い、それは知ってるよね
その夢が僕たちの行きたいところどこへでも連れて行ってくれるんだ
僕を抱きしめて、僕に触れて
君なしでは生きていきたくない

君への愛を変えるものは何もない
僕がどれだけ君を愛してるか、君は知るべきだよ
一つだけわかってほしいのは
僕は君の愛以上ののもを求めたりしないってこと
君への愛を変えるものは何もない
僕がどれだけ君を愛してるか、君は知るべきだよ
世界が僕の人生全てを変えようとも
君への愛を変えられるものはない

もし進む道が困難に思えても
僕らの愛が星のように輝いて
2人を導いてくれるだろう
君が必要とするなら僕はいつでもそばにいるよ
君は何も変えなくていい
愛してるんだ、ありのままの君を

だから僕のそばにいて、人生を分け合おう
君にも永遠が見えるように僕が助けてあげるから
僕を抱きしめて、僕に触れて
君なしでは生きていきたくない

君への愛を変えるものは何もない
僕がどれだけ君を愛してるか、君は知るべきだよ
一つだけ分かってほしいのは
僕は君の愛以上のもを求めたりしないってこと
君への愛を変えるものは何もない
僕がどれだけ君を愛してるか、君は知るべきだよ
世界が僕の人生全てを変えようとも
君への愛を変えられるものはない
  

Posted by 音楽好きの自由人 at 05:08Comments(0)Jazz

2012年05月24日

「You Look Good To Me」 Oscar Peterson

Oscar Petersonの流れるようなタッチ、
そしてピアノの音色はとてもやさしい。
決して前に出すぎず控えめにバックで演奏を盛り上げる。
まさにJazzの真骨頂。
ピアノを弾いている本人も本当に幸せ(楽し)そう。
この曲は聴いてると心がうきうきしてきます。

やっぱりJazzって、この曲がいいとかいうよりも、
場の雰囲気をよくしてくれますよね。
二人でお酒なんか飲んで会話しているバックで
雰囲気のいいJazzなんて流れていると、
とてもいい気分(ちょっとほろ酔い)になっちゃいますよね。

演奏は以下のyoutubeから
https://www.youtube.com/watch?v=Leg_AqkGvWc
特に私お薦めの「ここいいでしょー」は、
25~55sの30s間。
  

Posted by 音楽好きの自由人 at 19:47Comments(0)Jazz

2012年05月20日

「Misty」

当時は有名なのかどうか全くわからなかったが
Erroll GarnerのMistyをとても気に入っていた
(弾き方が独特なポロンポロンってとこ)。
SaxといえばStan Getzのかすれたような独特な音色がお気に入りで、
このMistyも原作者と負けず劣らず、いい味を出している。

演奏は以下のyoutubeから
作者/Piano:Erroll Garner
http://www.youtube.com/watch?v=nAaZzQWk8V4
Tenor Saxophone:Stan Getz
http://www.youtube.com/watch?v=tPPgKuN9zbs
特に私お薦めの「ここいいでしょー」は、
Erroll Garnerの本当はオリジナルの30s間がbestなのですが、
youtubeでは残念ながらそのいい部分が・・・。
  

Posted by 音楽好きの自由人 at 17:43Comments(0)Jazz

2012年05月17日

「My Foolish Heart」 Bill Evans

今宵はJazzyに。
Jazzと言えばBill Evans。Bill Evansと言えばMy Foolish Heart。
当時Jazzがどういう音楽なのかわからなかった私に衝撃を与えた一曲です。
静かにそしてピアノとベースとドラムのあまりにもマッチした演奏ではじまり
目を閉じると夢の世界へ引き込まれてしまいます。Jazzの世界へようこそ。
こんな素敵な曲を聴きながら今宵、素敵な人とBarでグラスを片手に
二人の語らいは極上の贅沢です。(ハートカクテルの世界ですね)

演奏は以下のyoutubeから
evensの独特な演奏が見られるversionと
http://www.youtube.com/watch?v=a2LFVWBmoiw
音質のいいversion
http://www.youtube.com/watch?v=eFRsgGF80To
です。
特に私お薦めの「ここいいでしょー」は、
音質のいいversionより、前奏の15s間。
  

Posted by 音楽好きの自由人 at 19:40Comments(0)Jazz